病児保育、保育者派遣、育児と仕事の両立 大阪市西区 株式会社ケアフュージョン

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目5-13 TEL: 06-6535-3388
FAX: 06-6535-3123
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの問合せはこちら
仕事と育児の両立支援 ワーク・ライフ・バランス
病児保育、育児と仕事の両立を提案するケアフュージョン両立支援、ワーク・ライフ・バランスの提案、支援病児保育、育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの業務概要の紹介病児保育、育児と仕事の両立を提案する大阪市ケアフュージョンの会社概要の紹介病児保育、育児と仕事の両立を提案するケアフュージョン Q&Aのページ

病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョン
ワーク・ライフ・バランス
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 業務案内
両立環境支援事業
病児保育事業
講師派遣事業
保育者派遣事業
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 会社案内
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 育児休業法について
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 看護休暇について
保育スタッフ募集
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 ブログ
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 リンク集
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 プライバシーポリシー
携帯用ホームページ





出産後の生活に不安

 日本財団が行った調査によると、子供のいない女性の3割が出産後の生活に不安があるため、出産を控えていることがアンケート調査の結果わかった。(アンケート調査結果)
 その結果によると、ワーキングマザーになるために必要なこととして「子どもの病気等、突発的に生じることに対する対策が取れるかどうか」、「緊急時の休暇」、「困った時に助けてもらえる人が身近にいる」がポイントになると報告している。周囲の人が理解できる環境作りが重要なことが改めて示された。

 望まれる会社内の制度としては、「企業内保育園」と「時間短縮勤務」が多数を占めた。一方、出産後、女性が働き続けるためには誰の理解が必要かという質問に対しては、52%が「夫」と半分以上を占め、「働いている会社の理解」というのは22%であった。

 企業が行う子育て支援のポイントとして、再三いわれているが、企業内保育所の設置やベビーシッター利用の費用補助、フレックスタイム制の導入や短時間勤務制度の導入が挙げられる。また、「子どもの病気時の休暇」や「緊急時の休暇」など、休暇が取りやすいかどうかも重要なポイントである。

 会社内に休暇の制度はあるが、実際は取りにくいというケースが多く見られる。これは、突然休むことによって同僚等に迷惑がかかるのが、大きな要因であると考えられている。これを改善する方法として、同僚が自分のやっている仕事内容の情報を共有したり、他の人が見ても、やっている仕事の内容が一目でわかるような方法を導入し、抜けた穴を数人の人でカバーできるような体制作りが必要である。
 
 せっかくいい制度を作っても、利用者が利用できなければ「会社の自己満足」だけで全く意味はない。あなたの会社は休暇が取りやすいですか?

病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの問合せはこちら
Copyright (C) 2007  株式会社ケアフュージョン All rights reserved