病児保育、保育者派遣、育児と仕事の両立 大阪市西区 株式会社ケアフュージョン

〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目5-13 TEL: 06-6535-3388
FAX: 06-6535-3123
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの問合せはこちら
仕事と育児の両立支援 ワーク・ライフ・バランス
病児保育、育児と仕事の両立を提案するケアフュージョン両立支援、ワーク・ライフ・バランスの提案、支援病児保育、育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの業務概要の紹介病児保育、育児と仕事の両立を提案する大阪市ケアフュージョンの会社概要の紹介病児保育、育児と仕事の両立を提案するケアフュージョン Q&Aのページ

病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョン
ワーク・ライフ・バランス
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 業務案内
両立環境支援事業
病児保育事業
講師派遣事業
保育者派遣事業
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 会社案内
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 育児休業法について
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 看護休暇について
保育スタッフ募集
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 ブログ
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 リンク集
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの会社概要の紹介 プライバシーポリシー
携帯用ホームページ




●ワーク・ライフ・バランスの導入は人材確保に繋がる

 今後、少子・高齢化にともなう人口減少は避ける事ができません。特に、日本の場合は加速度的に進行していく事が予想され、その結果企業経営に大きな影響を与える事になります。
 また、人口減少は、企業収益の減少を招くだけではなく、労働人口も減っていくので、労働者の確保も困難になってきます。その結果、企業間での優秀な労働者の獲得競争がおこなわれる事が予想されます。
 では、労働者を獲得するにはどのような事が効果的なのでしょうか?
 その一つとして、ワーク・ライフ・バランスの導入が挙げられます。

 これからは、賃金やキャリア・アップとともに、ワーク・ライフ・バランスの推進が、優秀な人材を惹きつける重要な要素になってきます。
 企業の中には、ワーク・ライフ・バランスの必要性は理解しつつも、「現在の経営環境では余裕がない」、「子育て中の社員がいない」、「コストがかかるわりに目に見えるリターンがない」等により、導入を躊躇しているところもあります。
 一方、優秀な従業員が出産・育児で辞めてしまった場合に、新たに優秀な人材を採用するための費用やそれに伴う研修教育費、顧客との信頼関係の再構築にかかる時間などをトータル的に考えると、職場復帰できる環境などを整備する方が経営的にも大きな効果があるという事で、積極的に導入する企業も出てきています。

 実際、ワーク・ライフ・バランスに取り組んだ結果、入社希望者が前年の10倍に増加したり、労働者の質や会社の雰囲気が良くなり、収益が増加したなどの効果も報告されています。

 〜報告例〜
  
入社後すぐに1人で仕事ができるわけではなく、その育成には長い時間がかかり、初年度だけでも300〜400万円という費用がかかっている。
  また、顧客との付き合いは10年以上にわたる事もあり、担当者が短期的に入れ替わるのは好ましくない。
  女性従業員が結婚、妊娠、出産を迎えるのは大体30歳前後であるので、8年近くキャリアを積んできた人材に辞められてしまうのは会社にとって大きな損失である。休業や短時間勤務といった労働時間の制約があっても、キャリアを積んだ人材は新人よりもはるかに生産性が高く、その雇用を継続する方がよい。

 
病児保育、ベビーシッター 育児と仕事の両立を提案するケアフュージョンの問合せはこちら
Copyright (C) 2007  株式会社ケアフュージョン All rights reserved